目先の金利の低さだけで住宅ローンを選ぶのは正しくはありません



安心して返しきる住宅ローン選び

住宅ローンのイメージ

目先の金利の低さだけでローンを選ぶのは正しくはありません。

 

様々な変化に対応できる返済プランに基づくローン計画を!

 

マイホームは、大きな借金をして購入する人生で一番大きな買い物です。

 

それだけに、住宅ローン設計は慎重に検討する必要があります。

 

たとえ、理想の家を手に入れても、住宅ローンに追われる生活では豊かな暮らしとはいえません。

 

そこで、後悔しないローン計画を立てたいものです。

 

一方、ここ数年の間に住宅ローンの多様化が急速に進み、金利の低さだけで変動金利型短期固定金利型を選択する人が増えています。

 

しかし、変動金利型短期固定金利選択型のローンは、金利が上がったときには総返済額がアップするという危険を抱えることになります。

 

そこで、金利が上がった場合の対処方法も考慮したうえで利用するべきなのです。

 

また、住宅ローンを借りるときに考えなくてはならないことは金利変動だけではありません。

 

年収、家族構成の変化、子供の進路、転職や独立・転勤など、あなた自身のライフプランや家計の収支の変化も考慮しなくてはなりません。

 

そうした変化の中で、住宅ローンを上手に返しきるためにはどうしたらよいかを念頭に置いて、自分に合った住宅ローンを設計しましょう。